パソコン♥Flower

パソコン関連の情報をこちらに書き込んでいきます!

カテゴリ: Excel

いつも熱心に通っていただきありがとうございます!
パソコンスクールFlowerです!
今日の稲毛は曇り!流石!梅雨!蒸し暑いです!
でも雨が少ないですね!
水不足!?大丈夫か?
降るときには洪水になるくらいいっきに降って
困ったものです!
こんな年は台風が多かったりするんですよね!
大きな災害のない年になるといいのですが?!
アジサイが咲き始めました!
うすいピンク色で綺麗ですね!

IMG_0406


文書や表計算!プレゼン資料作りに使っている!
WordやExcel!PowerPointなど・・・
しかし数年前にはあったクリップアートが
なくなってしまい!
チラシなどに入れるイラストや挿絵にこまってしま
っているのではないでしょうか?
これに対応する素材の無料サイトがあります!
その名も「プリントアウトファクトリー」
イラストだけでなくWord形式、PDFファイルで
ポスターのダウンロードも可能です!
結構重宝します!
リンク先はこちら→
プリントアウトファクトリー

プリントアウト


Excelの各セル内に入力されている文字と文字をつなげて違うセルに表示する方法について!説明します!関数を使っての設定もありますが「&」記号を使って簡単に文字をつなげることができます!例えはセルA1に「〒263-0031」と入力されていてセルB1に「千葉県千葉市稲毛区」と入力されていた場合!セルA1の郵便番号とB1の住所をセルC1につなげて表示したい時は!セルC1に「=A1&B1」と入力すると「〒263-0031千葉県千葉市稲毛区」と表示されます!郵便番号と住所の間にスペースを入れたい時は「” ”」というようにダブルクオート記号の間にスペースを入れます!「=A1&” ”&B1」こんな感じです!このくっついた郵便番号と住所をコピーして値として貼り付ければ文字として表示されるようになるので管理が簡単になります!

Excelでデータが下方向にまた右方向に長く入力されている大きな表データであった場合!下方向のデータを確認しながら上部の編集をするときなど!そのたびに下方向にスクロールして確認して編集をしていたのでは作業が大変です。そんな時は「表示」タブの「ウィンドウグループ」内の「分割」コマンドを使いましょう!このボタンを左クリックすると画面が4つに分割されます!(Excel2016で確認)例えば画面左上はデータの上部を!左下はデータの下部を!右上は右側の上部のデータを!右下は右下のデータを表示して作業することができます!とても効率的に作業が出来ます!セルの範囲選択の時は選択する最初のセルを左クリックしてアクティブセルにしたら!下の方の例えば200行あたりのセルを「Shift」キーを押しながら左クリックすれば長距離のドラッグをしなくても範囲選択することができます!4つの分割が必要ない時は分割線を画面の左、または右端までドラッグすれば分割線が消えます。上下の分割線も同じです!うまく使っていきましょう!

Excelの操作でちょっとだけ・・・
セルの中にはじめて文字等を入力した時に文字の修正などでカーソルを左に動かそうとしてキーボードの矢印キー、例えば「←」左向き矢印を押すとカーソルが左に動くのではなく隣のセルがアクティブセルになってしまいます。編集目的のセルをまたダブルクリックや数式バーにカーソルをもって行かなくては文字の修正等はできません。この対応としては・・・・矢印キーを押す前にファンクションキーの「
F2」を押してから左矢印キーを押すとカーソルが左に移動するようになります。「F2」キーを押す前は入力モードで「F2」キーを押すことで編集モードに切り替わるためカーソルが動くようになるのです。ちなみにアクティブセルの状態からファンクションキー「F2」を押すとカーソルが表示され編集することができます!セルをダブルクリックしてカーソルを表示したり、数式バーをクリックしてカーソルを表示しなくても簡単に作業に入ることができます。効率的です。

Excelで表を作った時に行を移動して入れ替えたい時ってありますよね・・・ただ範囲指定してマウスポインターが十字の両矢印に変わった時に移動でドラッグ&ドロップしたのでは、セル内に表示の内容が移動先で上書きになってしまいデータの表示が変わってしまいます。この場合、ドラッグして移動する際にキーボードの「Shift」キーを押しながら移動したい行までドラッグすると行と行の間に太い線が表示されます。これを確認してドロップするとその線の位置に表が挿入される形になりますのでデータが変更されることはありません。

このページのトップヘ