パソコン♥Flower

パソコン関連の情報をこちらに書き込んでいきます!

2017年02月

各社から春モデルのパソコンが発表される!そんな季節になりました!今年も2017年モデルの始まりです!今回の春モデルは新しいCPUがのっかってくるようです!インテルの第7世代コアプロセッサーが採用されるようですね!?低消費電力の「U」タイプ!高パフォーマンスの「HQ」タイプなどが登場とのこと!第7世代なので購入するときは「CPUコアi7-7700HQ」というような表示で!数字が7000番台であることを十分確認しましょう!安いと思ったら1つ古いモデルだったなんてこと無いように十分注意してくださいね!1つ前の世代は6000番台ですからね!またCPUだけでなく!ウインドウズハロー対応の顔認証カメラ!指紋認証センサー搭載!端子はUSBタイプC端子がついてるかな?液相は4K対応かな?音楽はハイレゾ対応かな?など!しっかりチェックしてくださいね!ちなみにUSBタイプC端子っていうのは差し込む方向が決まっていません!これまでのUSB端子は上下があってささらないと上下回して!さしなおしていましたが・・・こんなイライラはなくなります!最近のiPoneの充電する時の端子みたいになってるんです!

Microsoftさんが発売した「Surface」というパソコンを使っています!とても軽くカバンに入れていてもまったく違和感がありません!以前はモバイルPCを持っていましたが小さくて当時としては軽いモデルでもカバンに入れるとずっしりして重かったですね!よく画面のプリントスクリーンをするんですが!これがちょっと面倒です!画面中央部分の下にWindowsのマークがあるんですがそこに指をあてて・・・本体の左上脇のボリュームボタンの「-」(マイナス)ボタンを1回押すとプリントスクリーンで来ます!画面中央部分の下にWindowsのマークに指をあてた瞬間にボリュームボタンの「-」(マイナス)ボタンを押さないとうまく行かないので難しいです。この方法の他にキーボードを使った方法があります。「Windows」キーを押しながら「Fn」キーを押し続けて!さらに「スペース」キーを1回押すとプリントスクリーンで来ます!画面が一瞬瞬きます!(このキーボードの方法はタッチカバーを使っての方法です)

Windows10のIMEには文字を入力すると予測変換という携帯電話の文字入力中に表示される一覧の様なものが出るようになりました。タイピングの得意な方には邪魔な表示になってしまっていないでしょうか?この表示をやめる方法について書きたいと思います。Windows10の画面右下タスクバーに表示の「あ」と表示されているIMEのアイコンにマウスポインターを重ねて右クリックします!一覧が表示されるので「プロパティ」を左クリック!して選択します → 「Microsoft IMEの設定」が表示されるので!下の方の「詳細設定」を左クリック → 右上の「予測入力」というタブを左クリック → 「予測入力を使用する」の頭の□に「レ」チェックが表示の場合は予測入力が表示される設定になっています!予測に入力を表示したくない場合は□の「レ」チェックを左クリックするとチェックが消えます → 「OK」を左クリックすると予測変換が表示されない設定が完了となります。補足「予測候補を表示するまでの文字数」とは文字を入力した文字数になると予測変換の一覧が表示されることになります。数字の「3」が設定の場合!例えは「たいぴ」と3文字入力すると「タイピング」などの予測変換が表示されるわけです!予測変換の表示を遅らせたい場合は文字数を多く設定するといいですね!

Windowsでアプリケーションを起動したときにウィンドウとしてアプリケーションが表示されるのはご存知でしょう?Windows10ではこのウィンドウの大きさを画面の2分の1表示や4分の1表示にすることができます。この操作を「スナップ機能」といいます!マウスを使って操作する方法とキーボードを使って操作する方法と2種類あります。マウスの場合はタイトルバーをドラッグして画面の左右どちらかにマウスポインターをぶつけると画面の半分(2分の1)の表示になります。またタイトルバーをドラッグして画面の4隅のどこか1カ所にマウスポインターをぶつけると画面の4分の1の大きさに表示されます。またキーボードを使って表示を変える方法は、ウィンドウのタイトルバーを左クリックして操作したいウィンドウを選択します → キーボードのウィンドウキーを押しながら矢印キーの「→」右「←」左「↑」上「↓」下のどれかを押すことでウィンドウの表示が2分の1表示4分の1表示と変化します!ドラッグ操作が必要ないので時間短縮になります!是非操作してみて下さい!

パソコンの起動がおかしくなった時の対応として回復ドライブを使う方法があります!パソコンを購入するとうれしくなって忘れがちですが購入後!すぐに回復ドライブを作成するようにしましょう!Windows10の場合はUSBメモリーで作る方法とDVD等に作成する方法があります!今回はDVDに作成する方法を見てみましょう!画面の左下角の「Windowsボタンを右クリック」 → 一覧が表示されるので「コントロールパネル」を左クリック → 「バックアップと復元(Windows)」を左クリック(コントロールパネスの表示方法は「カテゴリ」)  画面左上の「システム修復ディスクの作成」を左クリック→DVD等をパソコンにセットして「ディスクの作成」を左クリックして作成しましょう!実際に作成した修復ディスクは使いたくありませんし!使うこともあまりありませんが・・もしもの時には非常に助かります!今回はWindows10での作成方法となりましたがこの方法は他のOSでもほとんど作業が同じです。是非めんどくさがらずに・・・作成しておいてください!これとは別にリカバリディスクも作成しておきましょう!

このページのトップヘ