パソコン♥Flower

パソコン関連の情報をこちらに書き込んでいきます!

Wordを使って文書を作っている時に文字の大きさを大きくすると!同時に行の幅も広がってしまいます!何とか1ページにデータを納めたい!とにかく行数を増やしたい!そんな時に重宝する方法です!とりあえず入力すべき文字を入力して文字サイズや写真、イラスト、表などをすべて配置してしまいます!2ページ目に行ってしまってもお構いなしに!その後にすべての行を選択します!ドラッグで選択するのは大変なのでキーボードの「Ctrl」キーを押しながら「A」キーを押すとすべての行、文字が選択されます!「ホーム」タブの「段落設定」ボタンを左クリック→「段落ダイアログボックス」が表示されます→真ん中辺りの「間隔」の「行間」が最初の設定は「1行」になっているので下向きの矢印を左クリックして一覧を表示させます→一覧から「固定値」を左クリックして選択します→間隔を「16pt」くらいにして「OK」を左クリックします!行全体の幅が狭くなります!文字が大きかったりすると文字が行に隠れてしまったりしますがその行だけ「pt」数を増やすことで大きな文字も表示されるようになります。うまく調節してください!とはいえ100行200行の1ページにしたいということにも限度はあります!

Excelでデータが下方向にまた右方向に長く入力されている大きな表データであった場合!下方向のデータを確認しながら上部の編集をするときなど!そのたびに下方向にスクロールして確認して編集をしていたのでは作業が大変です。そんな時は「表示」タブの「ウィンドウグループ」内の「分割」コマンドを使いましょう!このボタンを左クリックすると画面が4つに分割されます!(Excel2016で確認)例えば画面左上はデータの上部を!左下はデータの下部を!右上は右側の上部のデータを!右下は右下のデータを表示して作業することができます!とても効率的に作業が出来ます!セルの範囲選択の時は選択する最初のセルを左クリックしてアクティブセルにしたら!下の方の例えば200行あたりのセルを「Shift」キーを押しながら左クリックすれば長距離のドラッグをしなくても範囲選択することができます!4つの分割が必要ない時は分割線を画面の左、または右端までドラッグすれば分割線が消えます。上下の分割線も同じです!うまく使っていきましょう!

各社から春モデルのパソコンが発表される!そんな季節になりました!今年も2017年モデルの始まりです!今回の春モデルは新しいCPUがのっかってくるようです!インテルの第7世代コアプロセッサーが採用されるようですね!?低消費電力の「U」タイプ!高パフォーマンスの「HQ」タイプなどが登場とのこと!第7世代なので購入するときは「CPUコアi7-7700HQ」というような表示で!数字が7000番台であることを十分確認しましょう!安いと思ったら1つ古いモデルだったなんてこと無いように十分注意してくださいね!1つ前の世代は6000番台ですからね!またCPUだけでなく!ウインドウズハロー対応の顔認証カメラ!指紋認証センサー搭載!端子はUSBタイプC端子がついてるかな?液相は4K対応かな?音楽はハイレゾ対応かな?など!しっかりチェックしてくださいね!ちなみにUSBタイプC端子っていうのは差し込む方向が決まっていません!これまでのUSB端子は上下があってささらないと上下回して!さしなおしていましたが・・・こんなイライラはなくなります!最近のiPoneの充電する時の端子みたいになってるんです!

このページのトップヘ